消費者金融

金融リンク2

消費者金融の紹介へ


HOME>


リンクサイト2>


求人をしている人>


求人をしている人

意思表示の錯誤

3条が規定する。民法第95条では、法律行為の要素に錯誤がある場合は、原則無効だが(民法の錯誤の原則規定という。)、例外として、表意者に重大な過失がある場合、無効主張できない(民法の錯誤の例外規定という。)民法の錯誤の例外規定は、消費者が行なう電子消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示について、その契約の要素に錯誤があった場合であって、当該錯誤が次のいずれかに該当する場合は適用しない。