消費者金融

用語説明 さ行

金融用語た行へ   HOME> 用語説明> さ行>

債権

債権(さいけん:羅jus obligatio、仏(droit de )creance、独Forderung(srecht))とは、大陸法系の私法上の概念で、ある者が特定の者に対して一定の行為を要求することを内容とする権利。債務者の側から見た場合はこれは債権者に対する義務であり、債務(さいむ:仏dette、独Schuld、Verbindlichkeit)と呼ばれる。また、債権者と債務者のこのような法律関係のことを、債権債務関係(羅obligatio、英仏obligation、独Schuldverhaltnis(独法・墺法)、Obligation(スイス法))という。いずれも視点が異なるのみで、内容を異にするものではない。日本では、「債権」という言い方が通常で、「債権債務関係」はあまり用いられないが、欧米では「債権債務関係」に相当する表現(obligationやSchuldverhaltnis)がむしろ通常である。(ウィキぺディアより)

債務

債務(さいむ、英: debt)とは、ある者が他の者に対して一定の行為をすること又はしないこと(不作為)を内容とする義務をいう。義務を負う者を債務者、権利を有するものを債権者と呼ぶ。 債権を債務者からみた場合の表現。 複数の人が、同じ債務を負担すると連帯債務となる。(ウィキぺディアより)

債務不履行

債務不履行(さいむふりこう)とは、債務者が、正当な事由がないのに債務の本旨に従った給付をしないことをいう。英米法では契約法の場合には契約違反(breach of contract)がこれに相当する。(ウィキぺディアより)

資本

資本(しほん、英: Capital)とは、事業活動などの元手のことである。また、近代経済学における生産三要素のひとつ、マルクス経済学においては自己増殖する価値の運動体のこと、あるいは会計学や法学における用語である。一般的な用法、基本的な用法としては、事業活動を行うための元手となる金のことである。 また派生用法として、比喩的に仕事や生活を維持していくための収入、あるいはその元となるもののこと。 使用例としては「商売をはじめるため、商売の資本を集める」「サラリーマンは体が資本だ」など。(ウィキぺディアより)

市場

市場(いちば、しじょう)、マーケット(英語:market)、市(いち)は、「市庭」とも表し、定期的に人が集まり商いを行う場所、あるいは、この市場(いちば)における取引機構に類似した社会機構の概念を指す。(ウィキぺディアより)

市場価格

市場価格(しじょうかかく)とは、財やサービスが実際に市場で取引されている価格を表す経済的概念である。ミクロ経済学でよく用いられる。(ウィキぺディアより)

収入印紙

収入印紙(しゅうにゅういんし)とは、国庫収入となる租税・手数料その他の収納金の徴収のために、財務省が発行する証票である。日本においては略して印紙と呼ばれる場合が多い。(ウィキぺディアより)

上場

上場(じょうじょう)とは、株式や債券などの有価証券や商品先物取引の対象となる商品(石油、砂糖など)を取引所(市場)において売買可能にすること。 その中で、株式を上場する場合は株式公開(Initial Public Offerings; IPO)ともいい、特に、東京などの証券取引所へ株式を公開する場合を指す。(ウィキぺディアより)

少額投資非課税制度

少額投資非課税制度(しょうがくとうしひかぜいせいど、NISA = ニーサ)とは、日本において、株式や投資信託の投資に対して、税制上20%かかる売却益と配当への課税を、年間100万円を上限に非課税とする制度である。金融機関において、この制度が適用される非課税口座を、通常の取り引き口座とは別に開設する必要がある。(ウィキぺディアより)

証券会社

証券会社(しょうけんがいしゃ)とは、有価証券の売買の取次ぎや引受けなどを行う企業。日本においては、通常、金融商品取引業者のうち、第一種金融商品取引業(有価証券関連業に該当するものに限る。)を行う者を指す。かつては、証券取引法において登録(かつては免許)を受けて証券業を営む会社を指す法令用語であったが、金融商品取引法への改正に伴ってこの概念が廃止され、従前の証券会社は、経過規定により、金融商品取引法第28条第1項第1号、第2号および第3号ハに掲げる行為に係る業務、有価証券等管理業務ならびに第二種金融商品取引業行う金融商品取引業者とされた(「みなし登録第一種業者」)。(ウィキぺディアより)

証券市場

証券市場(しょうけんしじょう)とは、金融市場の中で、有価証券(株式、公社債など)の発行が行われる発行市場と、それが流通する流通市場との総称。証券取引所をさすこともある。(ウィキぺディアより)

証券取引所

証券取引所(しょうけんとりひきじょ、仏: Bourse、英: Stock exchange)は、主に株式や債券の売買取引を行うための施設であり、資本主義経済における中心的な役割を果たしている。 経済の発展に欠かせない資金調達と資本運用の双方が効率的に行われるようにするため、株式および債券の需給を取引所に集中させ、流動性の向上と安定した価格形成を図ることがその主な役割である。(ウィキぺディアより)

証券取引所

証券取引所(しょうけんとりひきじょ、仏: Bourse、英: Stock exchange)は、主に株式や債券の売買取引を行うための施設であり、資本主義経済における中心的な役割を果たしている。 経済の発展に欠かせない資金調達と資本運用の双方が効率的に行われるようにするため、株式および債券の需給を取引所に集中させ、流動性の向上と安定した価格形成を図ることがその主な役割である。(ウィキぺディアより)

消費者信用

消費者信用(しょうひしゃしんよう)とは、消費者(個人)の収入等を勘案して行われる信用の供与、又はこれに基づいて行われるサービスである。消費者信用は、販売信用及び消費者金融に大別される。例えば、クレジットカードの場合は、前者がショッピングに、後者がキャッシングにそれぞれ相当する。 販売信用は信販会社が、消費者金融は貸金業者が、機関保証は信用保証会社が、それぞれ事業を行う。(ウィキぺディアより)

消費貸借

消費貸借(しょうひたいしゃく、英: loan、独: Darlehen、仏: emprunt)とは、当事者の一方(借主)が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方(貸主)から金銭その他の物を受け取ることを内容とする契約。金銭の貸し借り(金銭消費貸借)のように、借りた物それ自体は借主が消費し、後日これと同種・同質・同量の物を貸主に返還することになる。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第587条)。(ウィキぺディアより)

出資

出資(しゅっし)とは、広義には、対象となる団体に財産を提供すること、狭義には、株式、持分等の地位を取得する形で財産を提供すること、又は一定の団体についてはそれによって得られる株式又は持分類似の地位を指す。出資された資金を出資金、出資した者を出資者という。(ウィキぺディアより)

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(しゅっしのうけいれ、あずかりきんおよびきんりとうのとりしまりにかんするほうりつ、昭和29年6月23日法律第195号)とは、出資金の受入れ、預り金、浮貸し、金銭貸借の媒介手数料、金利について規制する日本の法律である。略称は出資法。(ウィキぺディアより)

信販会社

信販会社(しんぱんがいしゃ)とは、販売信用を主な事業とする会社である。販売信用を営む会社には、小売などの業務を営むものも含まれるが、信販会社は販売信用をメインとするものを指す。 販売信用が信用購入あつせんに当たる場合は、割賦販売法(昭和36年法律第159号)に基づいて包括信用購入あつせん又は個別信用購入あつせんの登録を受けなければならない。(ウィキぺディアより)

信用金庫

信用金庫(しんようきんこ、英語:Shinkin Bank)は、日本において預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資、ローン)、手形の発行などを行う金融機関の一つである。信用金庫法によって設立された法人で、信金(しんきん)と略称される。現在全体で100兆円を超える資金を運用し、地元の中小企業を中心に60兆円強の資金を融資するなど、地域経済社会に確固たる地位を築いている。(ウィキぺディアより)

政策金利

政策金利(せいさくきんり、bank rate)は、中央銀行が、一般の銀行(市中銀行)に融資する際の金利。 中央銀行の金融政策によって決められ、景気が良い場合には高く設定され、景気が悪い場合には低く設定される。これによって、景気が良い場合には預貯金やローンの金利が上がり、通貨の流通が抑えられる。景気が悪い場合には金利が低くなって、通貨の流通を促進する意味合いを持たせることになる。(ウィキぺディアより)

その他金融の用語