消費者金融

用語説明

リンクサイトへ


HOME>


用語説明>


貸金業

貸金業(かしきんぎょう)とは、金融の形態の一つで、
消費者や事業者を対象に金銭を貸し付けることを行う事業である。

消費者金融などのお金を貸してくれるような仕事は貸金業と言われ、
貸金業登録をしていないと営業ができないことになっています
預金により貸付原資を調達する銀行(バンク)に対し、
貸金業事業者は資金調達を銀行からの借り入れや他の金融市場(社債や増資など)で行う。
そのため、別名ノンバンクともいう。



消費者金融

消費者金融(しょうひしゃきんゆう、英: Consumer lending)とは、
消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。

消費者金融は系列の大手から町金融と言われるような小さな消費者金融もあります
利息制限法及び出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)に基づく
範囲内の金利で貸し付けるものと、これ以上の金利で貸し付けるもの(いわゆる闇金融)がある。
ただし、貸金元本が10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満なら年利18%、
100万円以上なら年利15%を上限とする利息制限法は、
罰則はないものの強行規定(強行法規)である。
強行規定は、公序良俗を具体化したものであり、
公の秩序を維持することを目的とすることから、
罰則の有無にかかわらずこれを遵守しなければならないとされる。
契約について強行規定に反する部分は無効となる。



信用情報

信用情報(しんようじょうほう)とは、
個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、
ローンや公共料金等の支払い情報のこと。個人情報の一つ。

信用情報機関と言う基盤が整備され、各々積極的に活用されている国は、
欧米や日本などの先進国が主となっている。
例えて言えば、中国では上海などの都市部の富裕層の情報を
中心とした信用情報機関が数社ある程度である。
アメリカにおいては、支払い情報(履歴)であるクレジットヒストリー及び、
クレジットヒストリーによって計算される
クレジットスコアは生活を大きく左右する指標となっている。
クレジットカードの取得の可否やローン審査における金利への影響、
部屋の賃貸、さらには就職活動にも影響を与えるという。
クレジットレポートがなければいくら現金を持っていても信用してもらえず、
部屋は借りられない。クレジットスコアが低ければ、
ローンの金利は10%以上も高くなり、就職には困難が伴う。
アメリカがここまで個人情報を重視するのは移民の存在が大きく関わる。
国外からやってくるため、ローンや賃貸などで信用していいものか判断材料が乏しく、
人権上の配慮から客観的なものである必要がある。
そこでクレジットヒストリーとクレジットスコアによって個人の
信用力を格付けし、判断しているのである。
信用力の高い人たちはプライム層、信用力の低い層はサブプライム層と呼ばれる。



闇金融

闇金融(やみきんゆう)は、日本において、
ヤミ金融、ヤミ金、闇金などとも書き、国や都道府県に
貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または、その業務を指す。
さらに、正規に貸金業の登録をしていながら違法な高金利を取る業者、
または、その業務も広義の闇金融に含める。

闇金融は、例えば2万円を貸して10日ごとに1万2000円を利息として
支払わせるというような手口が知られている。
ダイレクトメールや携帯電話などを用いて勧誘したり、
スポーツ新聞などに広告を掲載、または電柱、
公衆電話などに広告を貼り付ける違法広告も知られている。
官報などを見て自己破産者などを対象にダイレクトメールを送り付ける場合がある。





利子

利子(りし)とは、貸借した金銭などに対して、
ある一定利率で支払われる対価。利息と利子は通常同じ意味で使われるが、
借りた場合に支払うものを利子、貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがある。
また、銀行預金では利息と呼ぶ。法律用語としては利息を用いるのが通常である。

米の貸し借りの対価として支払われる利子米のように利子は金銭以外で支払われる場合もある。
このような実物を対価とする利子を実物利子、金銭を対価とする利子を貨幣利子あるいは金利と呼ぶ。



先物取引

先物取引(さきものとりひき)とはいわゆるデリバティブの一つで、
価格や数値が変動する各種有価証券・商品・指数等について、
未来の売買についてある価格での取引を保証するものを言う。
現在の先物取引は、売買の当事者が任意に期日を決め現物を受け渡すことを約する契約とは異なり、
市場が期日を決め、期日までに反対売買により差金決済することが主流である。



外国為替

外国為替(がいこくかわせ)とは、
通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、
為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法をいう。
外国為替の取引では、必然的に自国通貨と外国通貨とを交換することとなり、
その交換比率、すなわち外国為替相場が成立することになる。狭い意味では、
外国為替の手段である具体的な外国為替手形や送金小切手のことを指したり、
外国為替相場のことを指すこともある。



円相場

円相場(えんそうば)は円に対する外貨の相対的価値のこと。
通常は外貨1単位に相当する円貨額で表示する。
特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、
米ドルに対する円の相対価値を示すことが多い。



為替レート

為替レート(かわせレート)とは、
通常の外国為替の取引における外貨との交換比率である。
為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。
市場で決定されたレートを MER (Market Exchange Rate) と呼ぶ。



クレジットカード

クレジットカード(Credit card)とは、
商品を購入する際の決済手段の一つ。
又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。
creditとは、後払い、つけ払いのこと。
クレジットカードは、利用代金を後で支払う後払である。
この為、前払のプリペイドカードや即時払の
デビットカードと異なり入会に際して審査が行われる。
クレジットカードには、磁気ストライプによるものとICによるものがあり、
ICで決済が行われた場合は、署名に代えて
暗証番号の入力を行う事で決済を行う事が出来る。



カードローン

カードローン(Card Loan)とは、
銀行及び協同組織金融機関が行う資金の貸付けの一つである。

カードローンは、金融機関が指定する者保証会社が
保証する為、保証人は不要であるが、
申込の際は金融機関及び保証会社の両社が審査を行う事となる。
また、審査の結果、保証会社の保証が受けられない場合は、
カードローンを利用する事は出来ない。
万が一、延滞や貸倒が発生した場合は、保証会社が金融機関へ代位弁済し、
保証会社が債務者へ債権回収することとなるので、
この場合、保証会社から直接借入れて延滞したものと
同等の取立てに遭うこととなる可能性もある。
定職に就いていない者は、金融機関に相当の定期預金などの
取引がないと信用上発行が難しいとされるが、
貸金業者が保証するカードローンでは近年、申込基準が緩和されている。
ATM・CDについては、金融機関が設置するもののほか、
金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用する事が出来る。
カードを用いずにインターネットバンキングなどを利用して
ローン口座から普通預金口座への振替で資金を貸し付ける形態のみのローンもあるが、
これはネットローンやネットキャッシングなどと呼ばれ、カードローンとは異なる。



一括払い

その名の通り、1回で支払ってしまう方法である。最も一般的な支払方法。
一括払い専用のカードは、チャージカードと呼ばれる。
初期に生まれたクレジットカードは、一括払いであった。



分割払い

手数料がかからない2回分割払いと、3~36回程度の分割払い。
高額商品を購入するときに有用な支払い方法である。
カードが対応していても、店舗によっては取り扱えない場合もある。



リボルビング払い(リボ払い)

毎月決められた一定金額を支払う方法である。
買い増ししても毎月の支払い金額が変わらないのが特徴。
その代わり支払い回数が増えていく。
加盟店が消極的なことがあるため普及していないが、
逆にカード発行会社では増収を期待して、
利用者向けにキャンペーンなどで奨励する傾向がある。
また、店舗で一括払いと指定しても、
支払いは全てリボ払いとなるリボ専用カードや、
後日、ウェブや電話連絡によってリボ払いへ転換できるものもある。



ボーナス払い

ボーナスを当てにして支払う方法。
ボーナス一括払いであれば最長6ヵ月、
ボーナス2回払いであれば最長1年間も支払い猶予期間がある。
なお、ボーナス払いを指定できる期間は決まっているので注意が必要。



フレックス払い

フレックス払いはリボ払いの一種であるが、
クレジットカード会社が定める最低の金額以上であれば
返済額を自由に定めることができる。
リボ払いに柔軟さが加わったと考えると分かりやすい。



前払い方式

プリペイドカード方式のクレジットカードで、
性質的には前払い式電子マネーに近い。
一般的には使い捨てのギフト用プリペイドカードとして販売されている。
日本ではギフト用としては発行されておらず、
海外旅行用やネット決済用として発行されている。



その他金融の用語

消費者金融その他